tracks

2017.09.12 Tuesday | by hashi-tomo

吉祥寺シアター/演劇集団円 DOUBLE TOMORROW

 

 

 

 


tracks

2017.09.09 Saturday | by hashi-tomo

資生堂ギャラリー/コズミックワンダーと工芸ぱんくす舎 かみ

銀座メゾンエルメスフォーラム/エマニュエル・ソーニエ展

コバヤシ画廊/渋谷和良展

ギャラリーカメリア/瀬戸直 書庫の均衡

東京都美術館/杉戸洋 とんぼとのりしろ

船橋市民ギャラリー/鈴木善雄遺作展

 

 

 

 


tracks

2017.08.31 Thursday | by hashi-tomo

埼玉県立近代美術館/遠藤利克展 聖性の考古学

ミズマアートギャラリー/池田学展 誕生

ギャラリーカメリア/石塚雅子展 彼方

 

 

池田学「誕生」、とてもよかった。

技術もすばらしいし、想いも伝わってきました。

 

 

 

 


tracks

2017.08.28 Monday | by hashi-tomo

広島・平和記念公園

原爆ドーム、爆心地、

レストハウス(元大正屋呉服店)、

国立広島原爆死没者追悼平和記念館、

広島平和記念資料館、など

 

袋町小学校平和資料館

 

 

原爆ドームの前でボランティアガイドの青年の話しを聞く。

原爆ドームを初めて見て、これを見て育つのとそうでないのとでは、

全然違うだろうな、と思った。

しかし、広島育ちの彼は、小学校、中学校では少しあったけど、

高校では戦争について一切やらなかった、ということ。

平和教育が行き過ぎている、という理由で、是正要求があるらしい。

平和教育が行き過ぎるってなんなんだろう。

今の日本を表しているようで暗い気持ちになる。

爆心地、元大正屋呉服店の地下室などに連れて行ってもらった後、

その他に見るべきもの(国立広島原爆死没者追悼平和記念館や

韓国人原爆犠牲者慰霊碑)を教えてもらった。

国立広島原爆死没者追悼平和記念館、

広島平和記念資料館、韓国人原爆犠牲者慰霊碑、袋町小学校、

などを回って感じたことは、書けそうにない。まだ整理ができない。

今まで漠然と大きく捉えていたことが、

実際にいる(いた)一人一人のことなのだということを痛感した。

 

 

 

 

 

 

 


tracks

2017.08.27 Sunday | by hashi-tomo

広島市現代美術館/第10回ヒロシマ賞受賞記念 モナ・ハトゥム展

広島市現代美術館/コレクション展2017-鵺 光ノ形/光ノ景

広島市現代美術館/西原尚 この音がずっと響きますように

ひろしま美術館/常設展示

ひろしま美術館/林明子原画展

 

 

広島市現代美術館、

ヒロシマ賞のモナ・ハトゥム展もコレクション展も西原尚展もみんなよかった。

 

街のあちこちにヒロシマ賞の案内が。

 

 

 

 

 

 


tracks

2017.08.26 Saturday | by hashi-tomo

奈義町現代美術館/常設展示 荒川修作、岡崎和郎、宮脇愛子

奈義町現代美術館/芝山昌也展 とおい近景

 

 

川を渡ったり、並走したりしながら、どんどこと山の方へ。

水の多い街だ。

 

 

 

 

 


tracks

2017.08.25 Friday | by hashi-tomo

豊島
青木野枝「空の粒子/唐櫃」
豊島美術館/内藤礼+西沢立衛
イオベット&ポンズ「勝者はいないーマルチ・バスケットボール」
心臓音のアーカイブ/クリスチャン・ボルタンスキー
ピピロッティ・リスト「あなたの最初の色」
クリスチャン・ボルタンスキー「ささやきの森」
島キッチン/安部良
檸檬ホテル/スマイルズ
塩田千春「遠い記憶」
大竹伸朗「針工場」
トビアス・レーベルガー「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」

 


朝、予約していたレンタルバイクを借りに行く。
レンタル屋のお姉さんがとても丁寧に周り方を説明してくれた。
ありがたい。島の1周が18kmしかないので、バイクだと
だいたい1.5時間くらいで観て周れますようー、ということ。
しかし、頑張ったけど時間切れで1つ見逃してしまった。
豊島美術館だけで1.5時間いたから、当たり前だけど。

 

豊島美術館、すばらしすぎた。
建物に入った途端、感動がこみ上げてきた。
建物の大きなスケールと内藤礼作品の小さなパーツが、
隙なく、ひとつの狂いなく、空間を支配している。
そして、鑑賞者を緊張させ、脱力させて、動けなくしていた。
時間を作り、時間を観せる装置なのだと思った。
こんな展示ができたらどんなにか幸せなことだろう。
これを実現できる実力&資本のすごさよ。
それから、この微妙な傾斜、撥水加工のコンクリ、
などの作る苦労を想像したり、
外に通じているのに全く泥汚れのない床、
この微妙な水の出し入れを保つ苦労を考えたりして、
このひそやかな床の下にある、忙しいメンテナンス工場を想像した。
まるで白鳥の水かきのようにさ。

 


ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」、
展示室に入ると、真っ暗な中、爆音で誰かの心臓音、
それと同じタイミングで、瞬く光。
これだけでも感動だったけど、
自分の心臓音を録音して登録することができた(有料)ので、
せっかくだからと登録したら、なんと展示室で鳴らしてくれた。
放心するような感動。生きてるんだなぁ、と思った。
そして、展示を観て生きてるんだなぁと思ったのは
初めてだなぁと思った。

 


結局、1つ見逃し(アンリ・サラ、観たかった!)の他は、
1つパス、2つ調整中で閉鎖、1つ台風で壊れて閉鎖。
レンタル屋のお姉さんに周り方を教わらなかったら無理だったな。
借りたバイクは、ヤマハ・ヴィーノの電動版で、快適だった。
ウィーンという電子音、パワーがなくて30kmしかでないの。
(法定速度だけど、、。)
オモチャに乗ってるみたいで、島巡りには楽しかったけど、
都会で乗ったら、後ろから車にひかれそう〜!

 

 

心臓音のアーカイブ(右の建物)

 

 

 

 

 


tracks

2017.08.24 Thursday | by hashi-tomo

犬島
犬島精錬所美術館/柳幸典+三分一博志
犬島「家プロジェクト」
犬島くらしの植物園

 

豊島
豊島横尾館

 


犬島精錬所美術館、
すばらしかった。
犬島に来て1番最初に観たのに、
これで犬島に来た甲斐があったと思えるほど。
家プロジェクトは、オラファー・エリアソンがよかった。
くらしの植物園、植物園も美しいけど、
奥で黙々と一人、庭作業をする人の方が気になった。
鳥を見せてもらった。名古屋コーチンと烏骨鶏だという。
庭がきれいですね、というと、えらい先生が作ったからね、
先生の名前は(覚えてないので)きかないで、と言われた。笑った。
楽しい気分になって、目の前の小さな入江に行く。
和むなぁ。船の時間までまだあるので、また水面を描いた。
ここに住んだらどんどん絵が描けそう。(気のせい)

 

豊島に戻ってきて、横尾忠則の美術館を観る。
どういうセンスなんだ。(感想)

 

 

犬島精錬所美術館

スタッフの若い女性に質問したら

作品への深い理解で、とてもわかりやすく、

すごーく控えめな声と口調で説明してくれた。

すばらしい。ありがとうございます。

(あとから聞いたところによると、ボランティアの方らしい。)

 

 

 

 


tracks

2017.08.23 Wednesday | by hashi-tomo

大原美術館
倉敷市立美術館/二人のHIROSHIー貝原浩・永岡博

 


長年、観たいと思っていた大原美術館にやっと来れた、
が、だいぶがっかりだった。
とにかく保存状態の悪い作品が多くて、気になる。
壁も汚いし、ライティングもひどい。
期待し過ぎだったのかな。職業病か。
何年か前に国立新美術館でやった
「大原美術館コレクション展」の方がずっとよかった。
その周辺の街並も観光化しすぎてて、興味が持てなかった。

 

倉敷市立美術館、
地元出身の作家展。地方美術館の良さを感じた。
空いてたなー。大原美術館との差がすごい。
今度は小学生の男の子が3人、熱心に観ながらプリントを書いていた。
すごーーく小さな声で話し合っていて、おもしろかった。
先生、いい指導してるんだね!

 

もう倉敷に来ることはないだろうな、と思いつつ、
早々に引き上げて、岡山駅でお寿司を食べる。
地元名物の焼き穴子、超〜うま〜。

 

 

 

 


tracks

2017.08.22 Tuesday | by hashi-tomo

岡山県立美術館/傑作浮世絵揃い踏みー平木コレクション

 


適当な時間に家を出たせいで、岡山に着くのが遅くなり、
閉館1時間前からダッシュで観る。すごい量。
浮世絵の中に水を描いたものがたくさんあるのを観て
どういう風に表してもいいんだなと改めて思った。
形なんてないし、絵だし。
水に見えなくてもいい。
常設に国吉康雄が横一列分、展示されていた。
高校生が2人、熱心に観ながらプリントを書いている。
夏休みの宿題かな。

 

その後、近くにステキな古民家のギャラリーがあるということで
(ガイドブック情報)、歩いて行くも、展示替えで休み。
その近くの国吉康雄の記念碑(ガイドブック情報)を探すも見つからず、
水撒きをしてる近所の人に尋ねたら「もうありません」と即答された。
きっとよく訊かれるんだろう。すみません。
がっくり。しかしおかげで旭川という大きな川の横に着いた。
夕方の光ですごく美しい。
水彩で描きたかったけど、持ってないので、
鉛筆と色鉛筆でしょぼしょぼと水面を描いた。楽しかった。

 

 

旭川

 

 

 

 


Sponsored links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM